高齢者向けの介護福祉施設の建設

児童福祉施設の建設における定義は何か

児童福祉施設とはどうなっているのかということをよく知っておくことが建設においては非常に重要になってきますし、とても難しい用語なので、一旦整理しておく必要は絶対にあります。

「特殊建築物」を提起する条文の中に含まれているのが児童福祉施設などですが、これはいったいどうなっているのか定義についてよくよく理解しておきましょう。児童福祉施設という用語は法令第一の政令で定める用途のものとして110号の第3第一号で示されているものなのですが、自分だけ見ると用語の意味がよくわかりません。建築基準法の中でも全く分かりにくい用語なのでしっかりと整理しておかなければ建設の際に支障が生じてしまう可能性がありますのでよく注意してください。

実話精霊の条文を遡って見ると色々と定義されています。あまり馴染みのない福祉に関連する施設の名称などが並んでいたりします。施設が何であるかは福祉関係の法律をしっかりと見てみることで理解ができるようになりますが、「福祉施設」ですから大体大まかに言えば「子供に対するものや障害者に対してもらう高齢者に対するもの」に分けられます。内容も福祉ホームの用に供する施設などはあります。老人デイサービスセンター障害者の自立支援施設などを踏まれたり、保育園も含まれるようです。

児童福祉法第7条第5には色々と定義されているのでよくチェックしておくことが必要になるでしょう。2016年6月施行の基準を改正のでまた変わってきたりもしますので、随時チェックしておくことをお勧めします。場合によっては建築士などに相談するのも一つの手です。サービス付き高齢者向け住宅なども児童福祉施設の建設に際しては無視できない法律です。冒頭の表の中にはありませんが児童福祉施設等にはこれは該当しないので特殊建築物ではないようにも一見見えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *