高齢者向けの介護福祉施設の建設

児童福祉施設を建設するときに守るべきこと

児童福祉施設は、養護施設や母子生活支援施設、自立支援施設など幅広い施設を意味しており、生活における弱者を守るための大事な場所だといえます。

多くの人が利用するため、児童福祉施設を建築するときには、法律によって建設基準が定められています。一般的な住宅や建物よりも、厳しい基準があり、防災設備や階段の有無、広さに対してトイレの数や調理場の有無などが細かく決められています。もし建設してから基準に満たないことがはっきりしたら運営することができませんし、建設許可を出す時にも事前調査が行われます。

児童福祉施設には多くの子供が集まるため、建築基準に照らし合わせて建設するだけでなく、様々な配慮が必要になります。例えば安全に遊べるように床材にクッション性があるものを使用したり、利用者数に合わせて一人当たりに十分な広さがあることを確保しなければなりません。児童福祉施設を建設するときには、申請して基準を満たしていることが確認されれば交付金を受けることができます。

補助金が国と地方公共団体から支払われるので、建築計画に基づいた施設をたてることになります。建築前にも調査が入りますし、施工が完了してからも国や地方自治体から派遣された役人が詳細な調査を行います。まずは建築計画を出すことになりますが、それが通るためには詳細な審査が行われるので、建築士にしっかり確認を行ってもらうことがスムーズに事を運ぶためには欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *