高齢者向けの介護福祉施設の建設

子供の育ちを支える児童福祉施設の建設

児童福祉施設である保育園には今の家庭が失ってしまった環境があります。

子供はかつてたくさんの大人や子供の中で育っていました。大家族の中での生活だったり地域のコミュニケーション生活であったりそんな時代の話です。生活習慣も兄弟のやることを見よう見まねで覚えていたことが、多かったはずです。そしていろんな大人が子供にかかわっていたはずです。子供は成長するにつれ自分を意識するようになります。大人の反応から自分のしていることを自覚したり、子供同士では同じことをやりたがったり競争心を持って頑張ったりします。

そんな社会が核家族の中にはないので、家庭の中で何かを身に着けることが難しくなっています。各地に建設されている児童福祉施設の保育園では、保育士からの働き掛けはもちろんのこと子供同士で刺激し合って生活習慣その他のさまざまなことを身に着けています。これはむしろ児童福祉士施設である保育園の重要な機能であり、少子社会ではとても貴重な環境であるともいえます。

保育を必要とする子供の生活の場として建設されている保育園ですが、同時に生活の場だからこそより有効に子供たちの育ちをバックアップできる機能を持っている児童福祉施設といえます。各地に建設されている保育所の保育はたとえ0歳児でもそこに教育の視点を持ちながら保育されます。専門的な見識を持ちながら子供の発達が促進されるように、大人が働きかけたり育つための環境を整える視点を持っているのが保育所になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *