高齢者向けの介護福祉施設の建設

福祉施設の建築に必要となる手続き

福祉施設を新規に建築する際には最寄の自治体に設置されている関係官庁に建築基準法に基づいた確認申請手続きを行う必要がありますが、既存の戸建て住宅などの建物の全部または一部を福祉施設に変更する場合でも申請手続きが必要になるケースがあります。

新規に建築する場合は工事を施工する前に確認申請が必要で、設計図や施工計画が建築基準関係規定に適合する事を確認し、確認済証の交付を受けなければなりません。既存の建物の用途を変更し、変更後の用途が福祉施設である場合は関連法令上の取り扱いは特殊建築物となるため、変更部分の床下面積が100平方メートルを超える場合は同じく確認申請の手続きが必要となります。

これらの手続きは法律や設計についての専門知識が必要となるのはもちろんのこと、万が一申請に不備があったり適切な手続きを迅速に行ったとしても関係官庁において申請が受理されるまでに時間がかかって間に合わなくなるケースでは福祉施設のオープンが不可能となってしまう可能性もあるため、最悪の事態を想定しながら早めに計画を履行して遅滞無く確実に手続きを完結させておく必要があります。

昨今では申請手続きの代行を受け付けている業者に依頼する方法や、施工を担当するハウスメーカーにおいて福祉施設を設立するための施工や増改築と同時に各種手続きの代行もパッケージになったサービスを利用する方法もあり、信頼できる専門家に任せるのが安心確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *