高齢者向けの介護福祉施設の建設

福祉施設の建築で必要な情報収集

福祉施設の建築では事前の情報収集が重要な意味を持ちます。

過去に事業の経験がある場合は別として、初めての事業では情報収集が欠かせません。福祉事業は経営に詳しい人と業務内容に詳しい人が共同で参画する場合があります。この場合は両者が知識を出し合い、お互いが不得意な分野をカバーすることができます。しかし、全てを一人で行う場合は問題が生じます。その場合でも自分に足りない知識や知恵が得られる協力者を探しておく必要があります。

福祉施設を経営する場合は業務内容に関することの他に、建築に関する知識も必要です。福祉の分野が得意な設計事務所に任せる方法も考えられますが、経営者は一定の知識を持つことが求められます。建築に関する情報収集は設計事務所の他、建設会社でも得ることができます。設計事務所は設計契約によりその知識を使うことができますが、建設会社の利用は簡単ではありません。建設会社は最終的に建物の建設を請け負うことが目的なので、依頼するつもりが無い場合は相談に乗ってくれるとは限らないでしょう。

福祉施設の建築では多くの専門家の協力が欠かせません。中でも土地選びや施工業者の選定に力をかしてくれる設計事務所とは良好な関係を築くことが大切です。設計事務所を効果的に活用することにより、福祉施設の建築のための土地選びや業者の選定は順調に進みます。経営に関する情報は、会計士等に協力してもらう必要があります。経営には一定のノウハウが必要で、そのノウハウは会計士が持っている場合もありえます。さらに、同業者からアドバイスを受けることができれば、必要な情報を効果的に得ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *