高齢者向けの介護福祉施設の建設

介護福祉施設を建築する際に留意すべきポイント

近年の少子化に伴い、段々と高齢化社会になりつつある日本においては、多くの介護福祉施設の建築が急務になっています。

とは言え、一般の住宅を建てる場合と同じような基準では建てることができないということを覚えておくのはよいことです。一般的に言って、住宅を建てる際に多くの人が重視するのは、交通の便の良さや買い物のしやすさといった事柄かもしれません。それに対して介護福祉施設を建築する場合、最も優先すべきポイントは立地の広さであると言われています。

なぜなら介護福祉施設内では多くの人が車椅子で生活することになるからです。例えば、各部屋は車椅子で動き回れるだけの十分な広さが必要ですし、通路も車椅子が通れる十分なスペースが必要だというわけです。また利用者が快適に生活できるようにするためには、バリアフリー仕様のトイレやスロープを準備しなければならないでしょう。

そうした造りにするにはやはり十分な広さの土地が必要となるのです。介護福祉施設を建築するに際して留意すべきもう一つのポイントは、施設前の道路の広さです。なぜかというと、デイケアのために施設を利用する人もおり、それら利用者の送り迎えをする家族にとって十分な広さの道幅が必要となるからです。

中には、車椅子ごと乗せられるような大型の車で送り迎えをする人もいることでしょう。それらの人が気軽に送り迎えできるようにするためには、十分な広さがある道路の確保が不可欠なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *