高齢者向けの介護福祉施設の建設

介護福祉施設の建設への条件

介護福祉施設は一般的には特別養護老人ホームと考えられるところですが、その建設に至る条件はハードルが高めです。

まずは経営母体となる法人が社会福祉法人であることが必要です。もしまだこの法人格を取得出来ていなければ、この社会福祉法人格の取得を目指すところがスタート地点です。この取得に至るまでの道のりは長いのが一般的で、時間と金銭面である程度の余裕がなければ新規での事業開拓は厳しくなります。

社会福祉法人格の取得を目指す過程で、その法人における定款を作成します。通常は公証役場で認証を受けてその次に法務局で法人登記を行いますが、社会福祉法人の場合は都道府県庁または厚生労働省で定款の認証を受けていきます。そのとき社会福祉法人の定款に明記しなければならない項目があるため、担当部署から話をしっかりと聞いて行動をすることが大切です。

この法人格の取得を受けてから土地などの準備を行います。その土地の上に介護福祉施設の建設を行うことを、地域住民には説明をするなどして、事前に了解を得ることも大事です。施設ですからいったん入居した人は滅多なことでは外出などはしませんので、それほど抵抗なく受け入れられる傾向はあります。

それでも介護福祉施設であること、さらに建設時の資材の搬送で迷惑をかけることなどは、説明をする姿勢は重要です。最初に感情的にこじれてしまうと後々のトラブルの種ですので、最初からそのトラブルは避けられるものは避けることが重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *