高齢者向けの介護福祉施設の建設

介護福祉施設の建設プラン

平成27年の相続税改正以降、相続税の節税に有効な不動産投資が注目を集めています。

長引く低金利も後押ししてサラリーマンも初期投資を借り入れで調達して参入するまでになっていますが、人口減少時代の日本では単なる不動産運用は過当競争が必至です。そこで、介護福祉施設は高齢化社会のニーズに応えるだけでなく、建設にはある程度まとまった土地の大きさが必要なことから現時点では競合が少ない差別化された不動産の運用手段です。

介護福祉施設の建設を計画したら、初めに市区町村に相談して、助成金や税制優遇措置などの有無について照会すると効果的です。公的な助成や優遇制度は、国が管轄するもの、都道府県が管轄するもの、市区町村の管轄の三パターンがあり、重複して適用できる場合と選択が必要な場合があります。

介護福祉施設の場合、運営には介護保険の適用を受ける必要があるため、役所との連携が不可欠です。また、一般的な老人ホームのように日常の管理費で差別化を図るのが困難なので建設計画も差別化よりも標準化が有効です。その意味で、介護福祉施設への参入には経験と実績を持つ運営者に運営を委託するのが効果的です。

まずは大手のデベロッパーで建設計画と、中長期の経営計画の提案を依頼して、管理コストが高いと感じたら自主運営と比較するとわかりやすいです。この時、管理業者の委託運営費が高いかよりも、自らに十分な利益とキャッシュフローが残るかどうかに注目することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *