高齢者向けの介護福祉施設の建設

介護施設の種類と選ぶ時の注意点

ひとくちに介護施設と言っても、その形態や内容はさまざまです。

おおまかには、有料老人ホーム、高齢者向け住宅、介護保険施設、地域密着型サービス、老人福祉施設にわけられます。有料老人ホームは介護専用型、混合型、住宅型、健康型があります。月額費用は15万~30万かかります。施設によっては高額な前払費用が発生します。高齢者向け住宅は、サービス付き高齢者向け住宅があります。簡単に言うと高齢者向けの賃貸住宅なります。月額費用の目安は15万~25万ほど。敷金があるところが多いようです。

介護保険施設は特養と言われる特別養護老人ホームと、老健と呼ばれる介護老人保健施設、介護療養型医療施設があります。特養は在宅介護が難しい高齢者が対象です。費用は10万~20万程度のため、希望者が多く、待機者の数は50万人をこえます。老健は病気治療していた高齢者が対象で、リハビリ等を行います。介護療養型医療施設は、病後長期の療養を必要とする高齢者に、施設スタッフが介護サービスを提供します。地域密着型サービスはグループホーム。認知症を患う高齢者が共同で生活を送り、施設スタッフから介護支援を受けます。介護の度合いが軽度の人が対象です。

老人福祉施設はケアハウス。低所得の高齢者を対象としています。介護施設への入居を検討する場合は、施設それぞれの特徴をよく調べるようにしましょう。費用は月額利用料の他に、前払い金や敷金、医療費や介護用品代などがかかることがあります。総額でどれだけかかるのか、将来にわたって誰が負担するのか、家族ふくめて検討する必要があります。また実際に介護施設を見学してみて、どんな雰囲気か確かめておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *